⑧最近の出来事

2020/5/29  ちくさ湿原クリンソウ~駒の尾山 山シャクヤク

コロナウイルスの影響がなければ本来例会が組まれていたちくさ湿原のクリンソウ ネット情報によればクリンソウ祭りは中止になったが湿原への立入禁止が解除されたとの記載を見つけ出かけました。国内最大級40万株の群落 ①②③のコースのうち①は立入禁止 ②と③のコースをハイキング 花は旬の見ごろで新聞社のカメラマンが取材にきていてこの高齢者グループにモデル?を依頼 ((^┰^))ゞ テヘヘ   名刺もいただきましたが多くの場合採用されることはありません ところがなんと翌朝朝刊一面にマスク着用した画像が掲載されていました …..Σヾ(;☆ω☆)ノギャアー  慌てて新聞買いに行きました クリンソウ愛でたあと  第二幕へ 駒の尾山に咲く山シャクヤクを求めて~登山口からすぐの斜面の群生地は咲き終え実がなっています 来年また来ましょうか?と話していたら下山者が3名「上に行ったらまだ咲いていますよ~」と嬉しい報告を ここから40分頑張りました 斜面に残り花10株は咲いていたでしょうか 咲き初めのつぼみは上品で清楚なレブンアツモリソウに似ています 山歩き再開に向けていいスタートがきれました(Hanamizuki)

 

スライドショーには JavaScript が必要です。


2020/5 故郷にて(山田隆志)

こんにちは
今年のササユリ帰省は安倍君の移動自粛要請,連発で殆ど諦めかけてましたが、職場でボヤいてたら『単独で過疎地だから問題無し』との後押しで決心しましたササユリの出来具合は異常気象の影響か年々悪くなってる印象ですが、見頃を一本でも観れれば来て良かった〜っと思うは僕です


2020/3月

コロナウイルスは収束の気配も見えず外出を控えての日々はストレスが溜まります              そこで公共の交通機関を利用せず Trainingできる方法として Cycling 始めました 登山が厳しくなったらCyclingもいいなと考えていたのでクロスバイク見に行きました。自分の年齢考えるとクロスバイク危険だと認識 我儘な行動は事故に繋がる恐れあり 家族や周囲に迷惑かけることは避けなければと諦め7段変速自転車にしました。加古川河川敷ロードバイクコース安全で快適に走れます 平荘湖まで走りそこで相野山あたりで昼食したり 先日は安全な道を突き当たり大堰まで 往復約40キロ 河川敷にからし菜の大群生地あり気持ち安らぐ香りが漂う中充実の時間を過ごしました   hanamizuki


2020/3/17 再度山~鍋蓋山 中止の例会を歩く 山田隆志

アウトドア派の我々にはストレスが溜まる一方なので17日に中止になった例会と同じコースを散歩気分で挙行してきました。元町駅~諏訪山神社~大師道(途中.狸々池)~再度山~鍋蓋山~七三峠~二本松林道~堂徳山~北野町~三宮駅 山中は数人のハイカーと地元の参拝ウォーキングぐらいで、やはり少なく公園ゾーンは全く人影無し状態・・マイペース行で約一か月振りの山行は気分転換に最適でした!

スライドショーには JavaScript が必要です。


2020/3 想うままにWalking 向島公園  Hanamizuki

コロナウィルスの影響で3月の例会が中止となりました。そうなってみて改めて気が付きました みんなと一緒に自然に触れる山歩きがいかに心満たしてくれていたのかと・・・自分だけの問題ではなく家族や孫との触れ合いも日常的にあるので極力外出控えています・・・が内にこもるストレスマックスなり

幸い近辺にWalkingに適した場所が二つ三つあり一人時々連れ合いと歩いています この状況から早く抜け出し笑い声こだまする例会が再開すること願いつつ散歩コースの一つをアップします 庭の草花が今は安らぎです

スライドショーには JavaScript が必要です。


2020/2/9 ふるさと登山(心経山~王頭山) 山田隆志

2020/1/13 徳島県眉山登山 今後の例会登山の下見を兼ねて行ってくれました  岸本孝幸

2019/6/24~6/26 森吉山~八幡平 個人山行 

梅雨の晴れ間をぬって東北花の百名山行って来ました 神戸空港発着 仙台空港よりレンタカー 森吉山はベテランの個人ガイドをお願いし余すところなく案内していただきました 

初日の赤水渓谷沢遊びは雨で水量多く橋も流され危険のため散策だけで終えましたが、森吉山と八幡平それに移動中に寄った田沢湖は感動ものでした 

森吉山 1457m

もうどんだけ咲いてんの!!と雄たけびを上げる チングルマにイワカガミは数千本は咲いていたでしょう 森吉山で当日愛でた花は約70種類 遠路はるばる来た甲斐がありました (v^-^v)♪

田沢湖・・日本で最も深い湖 最大深度は423.4mで日本第1位 湖水は翡翠色日本のバイカル湖と呼ばれる

県と岩手県の県境に位置する八幡平(はちまんたい)は奥羽分脈北部の山々の総称。平らな台形状の地形が特徴で、山頂周辺のトレッキングコースで優雅に散策。頂上の神秘の火口湖。雪渓とのコントラストが見事で感動。広い湿原にはいくつもの池塘がありワタスゲや水芭蕉が咲き木道より満喫。アオモリトドマツに囲まれたガマ沼からは遠景に岩手山が見渡せる。ドラゴンアイにも感動(雪解けがはじまる5月頃は沼の中心部に残る雪が龍の眼のように見えるため、ここ数年で「八幡平ドラゴンアイ」と呼ばれるようになったそうです)

 田沢湖水面を彩るクニマス、ヒメマス(十和田湖より移入)、ウグイかな?

(岸本孝幸・裕子 中井 矢崎)


2019/6 海外の旅 セブ島でマンタと戯れる

海外旅行常連の難波さんよりセブ島でマンタと遊ぶ画像入手しました 羨ましいですね

60才から72才の女性 7人でセブ島でマンタと泳いで来ました。
シュノーケルは何回かしてますが、ボートからドボンと飛び込むのはライフジャケットを付けてても緊張します。海遊館に居るマンタよりは小ぶりでしたが、ガバっと開けた口迫力があり、目は可愛いかったです。(難波久美子)

スライドショーには JavaScript が必要です。

難波さん情報提供 ☆⌒(*^-゚)v 有難うございました 次回の旅はどこかな?